読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめのはじめ

二次元傾倒な日々。

ねこねこソフト『すみれ』 共通部分の感想とか。

エロゲ

 というわけで、5月末発売のエロゲの中では、ねこねこソフトの新作『すみれ』と、朝妻さんがディレクターということでPULLTOP Airの『なついろレシピ』を購入しております。サントラすきーの私としては、どちらも特典がサントラ(ねこねこの方は15周年の物ですが)ということで非常に好ましいです。

 さて、私は残念ながら“落とし神”ではありませんので、同時に多数の美少女ゲームをクリアすることはできません。ひとまず、すみれからプレイし始めていますが、この作品、やはりというべきか読み進めるごとにダメージを受ける(褒め言葉)タイプですね……。あきらかに、青年・中年層のエロゲプレイヤーを殺しにきています。

 

 主人公である片瀬健二は、営業職数年目の社会人。学生の頃は、人と接することの苦手な、エロゲなど二次元のコンテンツに熱中している、本当に『どこにでもいる』人物でした。社会人になり、愛想笑いのスキルを身に着けどうにか日々の仕事をこなせるようになった彼は、以前のような二次元への熱が薄まっていることを自覚します。エロゲを買うことも少なくなり、録画したアニメもどんどん溜まっていく。そんな日常の中で、彼が唯一続けているのが、エロゲ等のキャラの“なりきりチャット”のようなネトゲ です。

 一日の終わりにログインし、数年来の知人である“多恵”と“ピンク”の三人で、とりとめもない会話を楽しむ。彼らの不文律はただ一つ、相手のリアルは詮索しないこと。健二のアバターは、自身と同性同名のエロゲ主人公である“健ちゃん”。言うまでもなく、ねこねこソフトの過去作品『みずいろ』の主人公ですね。

 そんな彼ら3人のコミュニティに、突然現れた“モエ”が加わることにより、物語は転がりだしていきます。というのも、この“モエ”の正体は、親同士の再婚により最近同居するようになった健二の妹、初芝すみれだったのです。……そして、そのことを知っているのは健二だけ、という状況。

 

 健二も、すみれも、自身はリアルでは『馴染めない』人間だと自覚しています。健二は、対人関係を愛想笑いと見て見ぬフリで切り抜けるような……すみれは、学校の休み時間を寝たフリで過ごすような……そんな生活を送っていました。

──けれども、ネットの中では。

 普段はお調子者でも、ここ一番では行動力がある、ヒロインのために一生懸命な主人公“健ちゃん”であり。

 休み時間に寝たフリなんかしない、プリクラが趣味の、クラスの人気者“モエ”であろうとしていました。

 

 その試みは、しかしながら早々に破綻してしまいます。

 

 ……こんな時こそ……健ちゃんならば……

リアルの俺には無理でも、本物の健ちゃんならば……

さりげない優しさで、励ましてやれるはずだ。

泣き続けるヒロインを、慰めてやれるはずだ。

……こんな時こそ……健ちゃんならば……

 

……だけど、思いつく言葉がなかった。

 

 ネットの世界では『本物の』健ちゃん──まさにエロゲの主人公のように、女の子が悲しんでいる時にさりげない優しさを見せる、かっこいい男──として振る舞っていた健二ですが、自分は本物ではないと突きつけられる。この、『思いつく言葉がなかった』時の感情は、計り知れないものでしょう。自分に想いを寄せてくれている女の子……すみれに、現実では力になれないと身を引きつつもせめてネットの中ではヒーローでいようとした健二が、そのネットの中ですら本物の主人公にはなれなかったと知った時。いや、心の片隅では気づいていたことだったのかもしれませんが、その現実を目の当たりにした瞬間。彼に残された選択肢は、

 

 健ちゃん「そっか、モエすごいなー、クラスの人気者だな」

モエ「ええ、なんたってわたし、MMCですからね」

健ちゃん「ははは、モテて、モテて、こまっちゃうか、懐かしっ」

 

 社会人になって磨きをかけた愛想笑いのスキルを使ってニコニコ笑いながら、ネットの世界の晴天の下、モエの強がりを聞くことだけでした。

 

 この空しさ、この瞬間があったからこそ、後に彼が見て見ぬフリをやめ、すみれの部屋に入り、不格好ながらリアルでも『健ちゃん』のようになりたいと語る言葉に……意味が生まれているような気がします。

 

 ……と、共通部分──恐らくその中でも前半──だけでもこのやられっぷりです。ああ、もっと気楽に読みたいとは思うのですが、仕事帰りにこの物語は危険でしょう……。

 とはいえ今後が非常に楽しみなので、ダメージを受けつつも早く進めていきたいと思います。今後、健二やすみれがどう変わっていくのか。『健ちゃんのように』、『モエのように』という感覚を指針にすることは良いと思いますが、それ自体が呪縛になってしまわないか。そして“多恵”や“ピンク”がどういった人物で、何を抱えているのか。気になることは尽きませんね。そんな中、誰のルートから進めればいいのでしょうか……とりあえずピンクですかね!