読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめのはじめ

二次元傾倒な日々。

『PRIMAL HEARTS』、はじめました。

エロゲ

 今年の冬は比較的暖かい、といわれているようですが、やはりこの季節になると朝の出勤が辛くなります。8月生まれの俺なんかは人一倍寒さに弱いので、寒い寒いと呟きながら駅まで自転車を走らせています。

 けれども、ぼやいたところで冬は始まったばかり。なんとか楽しく過ごしたいということで、『しろくまベルスターズ♪』でも再プレイして、冬の夜空を駆る彼女達に想いを馳せようとしたところ、近場のゲームショップには在庫がありませんでした。手ぶらで帰るのもしのびない、しかし『ゆのはな』の気分でも無い……。雪のなか両手を広げてはにかんでいるゆのはちゃんの前を通り過ぎつつ、目に入ってきたのは桜色──PRIMAL HEARTSのパッケージ──でした。

 目的の物が明確であるのに、買い物から戻ってきてみればまったく別の物を満足げに抱えている。昔からそういう経験はあるもので、『モンスターファーム』を買いに行ったけれど何故か『FINAL FANTASY TACTICS』を買って帰ってくるなど、目移りしてしまう性格は変わっていませんね。

 

 というわけで、PRIMAL HEARTS、です。

 

 主人公の転入先、間ノ島学園では保守的な方針の月華会、革新的な方針の天道会という二つの生徒会が存在しています。生徒たちから議題の提案があると、それぞれの生徒会が政策を提案、全校生徒の投票によってどちらかの案が可決されるというシステム。これまでは全くの五分五分だった状態が、主人公──帯刀和馬──の転入により動き出す。

 そんな、この業界ではよくある形式の学園の物語のようです。

 

 ストーリーは各話で区切られている方式で、とりあえず2話の終わりまで読んでみた上での印象を。

 主人公の和馬は、物語序盤で見せる作った“俺様キャラ”が抜ければ、よくいる好感触なハイスペック人間です。手詰まりの状態を、けれど解決へと導くことができる。いいですね。こんな頼りがいのある男なら、そりゃあ周りの女の子達も好きになってしまいます。話の流れとして、今は月華会寄りの相談を受けているので、3話以降は天道会寄りのストーリーが来るのでしょうか? そもそもルート分岐とかどうなってるのでしょう(ねこねこソフトのすみれの感想では、すみれルート本体を共通ルートと勘違いしてしまうという大失態を犯した人間)。

 まあ、あまり攻略サイトとか見たくはないので、普通に個別ルートに行けると信じて進めていきましょう。

 

 これまでの部分で印象的なのは、やはり、無理をしすぎて熱を出したゆづきの家に見舞いに行く場面。

 思っていることが顔に出てしまう性格の和馬に、『ゆづきにプリントを渡しに行くよう』に頼む本動堂(もとゆるぎどう!)先生。気配りのできる素敵な女性ですね。けれど何故か結婚できない崖っぷちという、これまたよくいる先生。

 そんな、先生にまで丸わかりで落ちつきのない和馬だから、きっと何を買っていけばいいか分からずに、熱が出た時に効果がありそうなものを手当たり次第に買い集めたはずで。だからドリンクやらバナナやらが詰まった、『ずっしりと重い買い物袋』を渡す和馬。「ちょうど近くの薬局で買った」なんて事を言って。

 けれどその薬局は当然ゆづきもよく利用する店で、そこにはドリンクもバナナも置いてないことを知っているわけで……。『きっと、必死になってかき集めてくれたんだ』と、その買い物袋を見つめ、じんわり胸を暖かくするゆづきがいて。

「キミってば、お母さんみたい」

 そうやって茶化しながら、きっと涙をこらえたゆづき。それに気づかずに照れくさそうに鼻をかく和馬。そして、「安静にしてくれ」と立ち上がり帰ろうとする和馬の服の裾を、思わずつかんでしまうゆづき。変な子だって思われなかったか、そんな心配しながら、けれど手は放したくない。

 そんなゆづきに、和馬は料理下手なのにおかゆを作るんですね。まさに“ベタ”ですが。いいじゃないですか。熱が出た時には、おかゆを食べるんですよ。

 

 見栄えは悪いけれど、胸に染み込んでいくような、そんな温かさのおかゆを「美味しい、ほんとに美味しい」といいながら頬張るゆづきは、自分をこんなにも心配してくれた和馬の顔を眺め胸に込み上げてきた想いを、おかゆと一緒に飲み込んでしまう。

 「ほんと、ありがとう」と俯いてしまったゆづきに、けれど和馬は、どう答えていいか分からずに「あまり長居するのもアレだし、そろそろ帰るな」と言ってしまう。

 このあたりのぎこちなさというか、認識していない感情が、非常に丁寧に読み取れて幸せでした。視点切り替えの上手さがよく活きていると思います。こんな瞬間を見ることができるから、エロゲはやめられないですよね! 

 というように、2話はゆづきがメインの展開だったので、3話以降はどうなるのでしょう。楽しみに読み進めていきたいと思います。