はじめのはじめ

二次元傾倒な日々。

星メモ日記3

 初登校。蒼ちゃんも家を出るのが遅い。ゆったり歩いているところを見ると、あまり教室で時間を過ごしたくないというあれか。
 名前を忘れてしまった「展望台の彼女」だけれど、彼女との思い出はまだ残っているようで。彼女に笑われないように──友達をつくらなかった昔とは違うのだと意気込んで──ホームルームでしっかり挨拶をしようとするも、上手くはいかない自分がいて。
そこに明日歩の声が響いた。人によっては、むしろそれは余計な行為だと思うこともあるだろうが、洋にとってはそんなことはなかった。
 
 頭でっかちはやめた、と語る洋だったが、実際はそこまで変わっていなかったのかもしれない。それは洋にとっては「成長できていない」ことだったのだろうけれど、明日歩にとってはきっと嬉しいことだった。小難しい理屈をしゃべる姿を見て、懐かしむように微笑んだはずだ。
 
 友達を作ろうとしないのは、別に頭でっかちとは直接の関係は無い。人に頼りたくないという潜在的な思いがあるのかもしれない。学食の場所くらい、明日歩にでも聞けばよかったのだ。
 ふと、朝一緒に学校まで歩いていた蒼衣鈴を思い出す。彼女も、そうなのだろうか。昔の洋と同じように、友達なんて作る必要がない、だから学校で休み時間なんかに友達同士でくだらない会話をするなんて時間の無駄。そう思っているのだろうか。
 
 学食にて。部員勧誘の話。
 展望台の彼女に教えるため。洋にとって星に詳しくなるということは目的ではなく、手段だった。星座に詳しい学生は、きっと少ない。天文図鑑を読み漁って得た知識は、きっと誰にも開かれることはなかったのだろう。それでも洋はよかったのだと思う。なぜなら、彼が星に詳しくなったのは、ただ一人のためだったのだろうから。じとっとした目で「何様のつもり?」と言いつつも、話の続きを聞きたくてそわそわしている彼女に、星々の話を物語るため。そんな未来を想像していたから。
けれども、目の前に現れた明日歩は、そんな自分よりよっぽど星に詳しいようで、そんな自分よりよっぽど星のことが好きなようで。
「星ってね、すっごいんだから!」
 瞳をきらめかせながら、大きな身振り手振りで語る明日歩の姿は、きっとまぶしく映ったのだろう。
 友達と、天体観測をするのも悪くないかもしれない。なんて感情が心の片隅に灯るくらいには。
 
 姫榊こさめ。
 おそらく誰の味方でもあろうとする女の子。人と人との間に入るのが得意そうな印象を受ける。思えば初登場の場面でもそうだったか?
 卒業アルバムと記憶喪失に関する本、というキーワードから、いくつかの理由を考え、けれどそれを口には出さない。学食で話していたバイトの理由についての会話でも、漠然と察していたのだろう。
 
「想い出は、想い出だよね」
「洋ちゃんだって、そうなんでしょ?」
 明日歩自爆から。
 この言葉って額縁どおりの、過去は過去で今とは違う、といった意味ではなくて……って、後から独白してくれるのか。
 容易に触れてほしくない、触れてはいけない。そういう類の。
 大事にしすぎて抱え込んだそれは、メアに言わせれば「悪夢」と呼ばれるほどの想いがこもったもの。
 
「洋ちゃんは、学校に興味がなかったんだね」
「洋ちゃんは、展望台のほうが、大切だったんだね」
 自分が大切に抱えていた想い出。それがつまった学校が、実は相手にとっては興味の対象外だった。
 
「今日のあなたはダメダメね」
 ああ、確かに今日の洋は、ダメダメだったと思う。
 明日歩がどんな気持ちで一緒に小学校に向かってくれたのか。どんな気持ちで、自分が好きだった男の子は学校より展望台のほうを大切にしていた、ということを知ったのか。どんな気持ちで、打ちひしがれる洋を見ていたのか。
 そんなことは一切考えることができていなかっただろう。
 
 美しいものを見た。こんなにも美しいものを見たのは、久しぶりだ。
 洋と明日歩。ダメダメだった今日、苦い想い出を抱え続ける二人。そんな二人の上に広がるのは、けれど雲雀ヶ崎でもっともきれいに広がる星空。溺れてしまいそうな、星の海。そして交わされる、会話の内容。何が美しいかって、想い出はやはり悪夢なんかじゃないんだということを、二人の会話が物語っていることが。明日歩の揺れない、力強い声色が。
 
 このゲームすごい面白い。序盤でこれとか……そりゃ話題になってたわけだ。