はじめのはじめ

二次元傾倒な日々。

ココロネ=ペンデュラムはじめました。

 るーしーさんと店長さんが面白いと言ってたので、勢いでポチった『ココロネ=ペンデュラム!』がようやく届きました。やっぱりすぐに買っちゃいましたよ! クロシェットさん家のゲームをプレイするのは、スズノネセブン(すみれルートのみプレイしたはず)以来ですね。俺は耐えられるのだろうか、巨乳しかいない、この世界のヒロインに……という不安が拭えなかったのですが、俺より巨乳を認めていないだろう人が「乳圧は精神力で耐えるしかない」とか言ってたら、もう飛び込むしかないですよ。
 というわけで共通ルートを進めております。オープニングを過ぎて、学園七不思議の調査をしているところあたりまで。巨乳で眼鏡の先生が出てきた瞬間は、勢いでゲーム終了ボタンまでマウスを動かしていましたが私は元気です。なんで全員巨乳なんだよ! この世界は、過去に少子化が社会問題となり、種の保存のため遺伝子操作が行われて女の子全員巨乳になって男の子も巨乳好きしかいなくなって少子化問題は解決されましたちなみにその過程で小さい胸が好きな人間は絶滅しましためでたしめでたし……そういうことなのでしょうか。ならば反旗を翻すのは今ぞ! 皆の者槍を持て! 我に続け! 敵は静かの海学園にあり!
 ……すいません。この会社のゲームはほとんど巨乳のヒロインしか出てきません。俺はそれを理解してプレイしております……。でも、ここまで徹底しなくてもいいじゃないですか……。
 ちなみに、今のところつむりちゃんがダントツに魅力的です。これは胸云々は関係なく。
「(べつにアドバイスしてないから……べー!)」
 ハンドボール実技のシーンにて。これまでグータラしている描写しか無かったつむりが、以外にも負けず嫌いな性格だと明らかになる場面です。ここのつむりの台詞って、シローが心を読めるということ前提で、“それならば”心の中で会話すればいい、という自然な思考からきているものですよね。心が読めることはシローの能力で、なんら疑問の余地もない当たり前のことなのだと。それは、それこそが純粋な肯定で。いや、つむりにとっては、読心という能力のデータを集める実験的な意味合いがあったのかもしれないし、もしくは心を読んでくれるならわざわざ口を動かすのめんどくさいなー、くらいの感覚だったのかもしれませんが。それでも「(ばいばい、しろー……)」まで続く、ここのやりとりは、何だかとても美しいものを見ているような気持ちで読んでいました。彼女らが去った後の「遊ばれた」というシローの台詞も、仲のいい友達と馬鹿話をした後のように、すがすがしい響きを含んでいると思いました。
 というような具合で、楽しく進めております。菜砂の登場頻度が少ないのですが、これ、焦点当たったら一気に奔流に押し流されるの目に見えてるんですよね……。お兄ちゃんが眠ったままだった二年間の菜砂とか、目覚めたのに全然連絡くれなかったことに拗ねてる菜砂とか、この爆弾が爆発した時、絶対にやられる……。俺、自信ありますよ。烈海王みたいに「裏返った!!!!!!」って言いますよ。「お兄ちゃん大好き菜砂、復活!!!!!」って。パソコンの前で。ひとりで。

近況。

 どうもこんばんは。全国のエロゲプレイヤーの皆様は、月末の金曜日という今日、嬉々として発売直後の新作を楽しまれていることでしょう。事前評判を見る限り「ぬきたし2」「ココロネ」「恋借り」あたりが人気だったように思います。俺もそのうちのどれかを買おうかと思っていたのですが、最近お金を使いすぎなのでひとまず様子見することにしました。まあ、誰かが楽しそうにプレイしているのを見たりして、すぐにポチっと注文してしまうのは目に見えていますが……。某死んでもロケットを打ち上げるゲームもまだクリアしていないのに、新しいゲームを買うわけには……。

 

〇夏ですねー
 今日から。まさに今日から夏になった気がします。仕事に向かうために家のドアを開けたとたん、わっ、とセミの声が大きく耳を打ち、降りそそぐ白い日差しは肌をジリジリと焼き、遠くの空には入道雲が浮かんでいました。どうしようもなく、消え去りたくなりました。けれど、外に出るだけでこんな気分を抱えていたら仕事なんてまともにできるわけがなく。お給料を貰っている以上はそれ相応の働きをせにゃならんので、感傷を振り払って駅までの道を歩きます。これで正解なのだろうか、という疑問には目をつぶって。あちー、とか独りごちながら。もうだめだ。

 

〇あいミスのこと
 交換券でラディスの限定聖装を確保。このゲーム、聖装の所持数がそのままステータスに直結するのでお気に入りのキャラのものは出来る限り集めるべき……という至極あたりまえのことに最近気づきました。しかしラディスは本当にいい子(聖装ストーリーが完全に子供を宥める時のそれで笑った。ソフィお母さん!)ですねー。自分の中で善悪の線引きをしっかり持っていて、そこを越えて自分の主張を通すことはしない。不思議と芯が通っているんですよね。そういう人間はえてして、他人に対しても正しい意味で優しく、そして厳しくすることができるのだと思います。うへへ、ラディス好きだー。
 復刻イベントは聖装関係、聖片、チケットを確保したので、後はまったりと。宝石とSSR強化アイテムを交換できるくらいのペースで消化します。

 

〇天使様のこと
 続巻の発売まで我慢できずに、とうとう、なろう原作に手をつけてしまいました。幸せです。きっと、この物語を読んでいるときの俺は最高に気持ち悪い笑顔をしていると思います。

近況報告です。

 仕事が立て込んでいたことと、てんちょさんがブログを畳んだことによる寂しさで、ここ最近はブログを更新する意欲がありませんでした。まったくあの方は、定期的にブログ消すんだから! まあ、きっと、いつものように戻ってきてくれるでしょう。
 
〇エロゲのこと。
 景の海のアペイリアをクリアしてしまったので、プレイするゲームを探していたところ、DMMのダウンロード販売にて『あの晴れわたる空より高く』が半額──7月12日まで、現在は通常の値段です──になっているのを発見。アペイリアと同じライターならまず間違いないだろうという信頼もあったので購入いたしました。今は黎明さんのルートに入ったところくらいまで進めたのですが、やはり間違いなかったです。面白い! 
 エロゲって、その性質上、別に“読者を飽きさせないために物語を前へ前へと展開”しなくてもいいわけです。極端な話、可愛い妹が出てきて「……おにーちゃん、ばかなの?」とか「ほんっと、おにーちゃんはわたしがいないと何にもできないんだから」とか、べたべた世話焼かれる展開がひたすら続いたとしても、それはそれで成り立つし、かなり興味をひかれるじゃないですか。そして俺も、どちらかというと、あまりメリハリのあるエロゲをプレイしてこなかった経緯がありまして。そういった、キャラクターの力で惹き込みにくるタイプのお話に頭が馴染んでいるのです。しかし、アペイリアの時にも書いたのですが、この作者はグイグイと物語の展開をつかって読者を惹き込みにくるタイプのようで、読んでいて『あれ? これエロゲだったよな?』みたいな新鮮な気持ちになってます。……これはもちろん、『本作のキャラに魅力がない』と言っているわけではなく。なんなら黎明夏帆という女の子には、正直、恋をしているくらいの感情を持っています。普段あんまり感情を表に出さない彼女が、とある場面で、すごく自然な笑顔を見せるのですが、その瞬間に俺と乙矢──本作の主人公です──は、いっしょに見惚れてしまっていました。いやー、オープニング映像を見た時から夏帆の笑顔には惹かれていたのですが、やっぱり本編で見ると段違いですね。見ている側を幸せにする笑顔は、なによりも強いものです。
 
ラノベのこと。
 『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』、ようやく読みました。やられた……。これは上述したエロゲに話とはまったく逆で、「商業ラノベでこんなに起伏の少ない物語出してもいいの!?」ってくらい、緩やかな進行を見せるお話でした。『家は隣同士だけど特に話したこともない同級生』から徐々に変わっていく関係性というものを、懇切丁寧に描写されていました。まあ、それがこの作品の最大のコンセプトなのですが、それを中高生男子をターゲットとしたラノベで出版するという心意気がすごい。2巻以降もこのスピードで物語を展開させて、周と真昼の距離をつめていくのであれば、ラノベ業界の新たな風になるような気がします。
 
〇ゲームのこと。
 オーガストがDMMと連携して提供している『あいりすミスティリア!』というゲームをはじめてみました。ラディス好きー。夜にログインするとホーム画面で心配してくれるのが、仕事に疲れた体に染みるのです……。

景の海のアペイリア、クリアしました。

 景の海のアペイリア、クリアしました。最後の方の三羽の説明等を読み直してようやく、そういうことか! と理解できたような気がします。しっかし、よくここまで構築したなぁ、純粋にすごいとしか言いようがない。
 
 地道に積み上げてきた何かを大切な人のためにばっさり投げ捨てるという行為、そうしてもよいという心情に名前をつけるとするならば……それは恋ではなく、やっぱり愛だと思うのです。
 最後の時間軸、零一がシンカーの多世界解釈を信じてアペイリアを助けることを諦める場面。アペイリアと過ごす最後の時間を手に入れるために、零一はこれまで決して諦めなかった未来への可能性を、投げ捨てます。諦めずにタイムリープし続けたとしたら、どこかの平行世界のアペイリアを助けることはできるかもしれない。けれど、それまで通過していく世界のアペイリアは必ず死ぬことになるし、なにより今目の前にいるアペイリアと最後の瞬間まで一緒にいることができない。作中で繰り返し述べられているように、『自分は自分以外の何者でもなく、唯一の存在である』というのが、零一の考え方であり、本作のテーマのひとつだと思っています。同じ見た目、同じDNA、同じ記憶を持っていたとしても、零一は零一であり、スワンプマンはスワンプマンである。これは決して、『クローンはオリジナルにはなれない』といった否定的なニュアンスではなく、『誰かのクローン体であったとしてもオリジナルとは別の個人である』という、すべての生物に対する全肯定です。だから、零一は自分の目の前にいるアペイリアを見捨てて、平行世界にいる別人のアペイリアを助けにいくなんてことをできるはずがなかった。零一がそれまで諦めずに観測者と戦ってこれたのは、世界は単一で、タイムリープしたとしても自分が救おうとしているアペイリアは一人しかいないと信じていたからです。その前提が崩れた以上、彼には選択する義務があった。あの「諦める」が、この物語の根幹にあるものを、最もよく表していると思いました。結局のところ世界は単一で、零一たちは仮想現実内で動くAIで、タイムリープなんて実は起こっていなくてサーバーを過去の状態に復元していただけだったのだとしても。それでも、あの瞬間に零一がそう決断したということは、揺るぎない事実なのですから。
 さらに、この作品の特徴として、上述したようなテーマを主張するだけでなく、そこに懐疑的な視点も示しています。シンカーの最後の独白である「過去の記憶を忘れようとした。が、できなかった」は、まさにそれだと思っていて。零一が主張した綺麗事の難しさを、彼のスワンプマンであるシンカーが語っている形となっています。また、物語ラストの干渉縞が消えている描写も、彼らが勝ち取った現実世界と思っていた世界も、実は仮想現実に過ぎないのではないかと“も”とることができます。これらの視点が物語に上手く作用しているかどうかは別として、珍しいなぁと思いました。
 
 と、真面目な話は置いておくとして。
 
 いやー、アペイリアと過ごす最後の一年間、いいですね……。終末感がすごいです。もっと尺を使ってくれてもよかったんですよ? ……わかってます、物語の流れが滞るので無理だってわかってます……。でもアペイリア可愛すぎるじゃないですか。零一をゆさゆさと揺すって起こした時の「おはようございます、オーナー。目覚ましアペイリアでした」っていう台詞とか、破壊力ばつぐんでした。「目覚ましアペイリア」って語感良すぎですし、アペイリアのあの口調がしっかり合っている。そういった具合に、零一とアペイリアの会話って、どういうわけかすごく心地いいんですよね。中でも一番笑ったのが、アペイリアがおなにーを教えて欲しいという場面。
「おなにーです。アペイリアもできますか?」
「……できる。まあ、できる……とは思うが、ちょっとまだ早いんじゃないか?」
「早いですか?」
「ああ、アペイリアはエッチもまだだからな」
「オーナーはえっちをしたことがないです。ですが、おなにーは毎日していました。アペイリアも早くはないと思います」
「……」
 完全に論破されてしまった。
 この会話の流れ、まいりました、脱帽ものです。そして、このあとに続くシーンもね……「知ってた!」以外の言葉はないですよね。はい、そこはおなにーを鑑賞するうえでは特等席ですよ。いやー、無垢な女の子を開発していくのって、もう、過去から連綿と受け継がれてきた萌えシーンでしょうけれど、やっぱりたまらないですね。いいものです。
 あと、個人的に一番お気に入りなのが、自転車に二人乗りして河川敷をゆっくり走る場面。ここは、厳密には上述した『諦める』より以前の時間なのですが、だからこそ映えているのだと思います。「自転車に二人で乗ると、恋が生まれる可能性があります」というアペイリアのおねだりを聞き、自転車を走らせる零一。ぎゅっと、零一の体を抱きしめて心臓の音に耳をすませるアペイリア。恥ずかしがりながら『恋する命令』を三度繰り返して、照れたり、照れさせたりしている二人を見ているのがすごい幸せでした。あの瞬間、河川敷の自転車道はどこまでも続いていたし、世界は二人のために存在していました。こういう一場面に出会えると、このゲームプレイして良かった、ってなりますよね。
 
 とりとめもなく書いてきましたが、このくらいで。物語が複雑で、きちんと理解できていないところも多々あるのだとは思いますが、それでもすごい面白かったです。あー、クリアしてしまった……。

アペイリア進めてます。

 二週目が終わって、はじめて選択肢が出てきたところまで進めました。おっもしろいなこのゲーム! 読み手を飽きさせないっていうところにすごい神経をつかってて、ほんとに退屈しません!読み進めるためのエネルギーをどんどん供給してくる。一回目のループが数日前で、二回目は一年前ですか。同じ展開にせず、しっかりずらしてきましたねー。選択肢の内容からして、ここから個別分岐ってところですか。とりあえず三羽からいきます。

 しっかしこれ、一年前に戻ったってことは、現実世界の話がそれなりに入ってくるのでしょうか。三羽に出会う選択肢も出てますし、確かましろが事故に遭ったのも一年前くらいだったような。このヒロイン達、みんな相当重たいもの抱えてると思うんですけど、ここまでセカンドメインで話を進めてきたところで、しばらく現実ベースの話を進められたら物語の流れ的に厳しいと思うんですが、そのあたりは大丈夫なのでしょうか。まあこれだけ引き込まれる構成をつくれる人なので、そこまで心配はしていませんが。

 ところで、俺には量子力学の知識がないのでそんなに語ることができないのですが、「可能性の波が可能性の波に干渉する」っていうのは、エロゲーみたいですよね。ヒロイン全員分の個別ルートをクリアした後にトゥルールートが解放されるっていう、よくあるやつ。物語上、また時間軸上では、個別ルートの出来事とか記憶って、そのルート独自のものであって、本来は他のルートには影響し得ないものじゃないですか。けれどそれらが重なり合った結果、新たな選択肢が発生し、まったく異なるルートが生まれる、みたいな。……うん、戯言ですね。

 あと、零一の戦闘シーンが軒並みひどくて楽しいです。もうあれは人間技じゃないです。そこに周りもテンションを合わせてくれるのがシュールで面白い。いや、確かに陰茎に300kgの重りをつけられた状態で勃起できる奴が相手なら仕方ないですが!

 

 あー、明日から仕事か。時間の確保が難しくなるなぁ。

景の海のアペイリア、はじめました。

冬休み。静かに雪が舞い降りてくる朝に、俺はこの雪が過去と同じなのか確かめるべく──
懸命に、そう、ただただ一心不乱に──

公園の草むらでオナニーをしていた。

 ふっざけんな! 冗談抜きで漫画的描写みたいに噴きだしたのなんて久しぶりだよ! しかもなんかBGMも無駄にシリアスだし!

 はい、というわけで、景の海のアペイリアはじめました。面白いと話には聞いていたのですが、うん、これはやばいです。

 

 雪が降っている。過去が降り積もっていく。雪が融けるように、降り積もった過去が消えてなくなっていく。みたいな感じで物語のイントロダクションがはじまるわけですよ。こっちは「あー、冒頭のシリアスなモノローグで重要な伏線や主人公の目的を印象
づけようっていうパターンだな」って身構えるじゃないですか。雪のように融けていく過去を少しでもつかみ取ろうと、離すまいと、必死に搔き集める主人公の様子が脳内にイメージされる、その刹那にオナニーですよ。……もう天才的としか言いようがない。

 そこからさらに、

「精液は数mも飛びません」
「それはどうかな。俺としては4m20cmジャストってところが問題だと思うがな」
(中略)
「残り10秒です。間に合いますか?」
「問題ない。射精のコントロールには慣れている」

 といった頭のおかしいやりとりが、怒涛のように押し寄せてきて、俺の頭の中は一瞬で真っ白に染まりました。ついでに主人公の精液は通りかかった女の子にかかって、彼女の顔を白く染めました。

 そして場面転換、状況説明が入って、オナニーには意味があったことが明らかになるわけです。ほんと、こんなに惹きつけられる冒頭って他にはちょっと見たことないです。ほんと上手いなぁ……。いや、オナニーはオナニーだよ。公園オナニーは犯罪だよ。通報だよ。

 そしてお約束のように、白い液体をかけられた女の子は、新しく一緒に暮らすことになる義妹という……。この義妹(三羽)がまた魅力的でして。

「こ、心を込めないでくださいっ!次、感謝したら、一緒に食べてあげませんよっ!」

 この台詞を聞いた瞬間に「あー、こりゃやばいやつだ」ってなりました。言葉選びのセンスって、こうもわかりやすく表出するものなんですよね。まあ、一番印象に残ったのがこの言葉ってだけで、三羽がどういう人間かについては初対面で変態と言われてから、家で再開した場面の会話で十分伝わってはくるんですよ。相手のことをよく理解しようとしていて、けれどそれを適切な言葉で表現するのが苦手で、それでいてひたすらに真面目に世界と向き合っている。「そこにどこか『諦め』のような感情が混じっている」……という部分については俺の邪推かもしれませんが、とにかく三羽という人物像がものの数分で心の中にストンと落ちつく。

「……兄さんは、ただ気持ち悪いだけじゃなくて、どうしようもないぐらい馬鹿なんですね」

 これ、誉め言葉なんですよ……すごいですよね、ときめきますよね。流石に零一には誤解されるわけで、その時に小声で「褒めたのに……」って言うんですが、読んでいるこっちは「そんなこと言われなくても分かってるよ」となるわけです。物語開始早々にもかかわらず。すさまじい筆致です。

 ……っと、三羽も可愛いんですが、もちろんアペイリアも可愛いです。初期状態の無機質な声で冷静なツッコミを入れる様も好きでしたが、自我を持ってからどんどん可愛くなっていきます。なにこの小動物みたいな子。零一の役に立ちたい、誉めてもらいたいというのが第一行動原理なの、可愛すぎる。

 あと、はじめての感情を覚えるときの描写もすごくいいです。ここまでの一番のお気に入りは「アペイリアのやりたいことが最優先」と零一に言ってもらえたときの、よくわからない感情に包まれてちょっと言葉を失ってから、嬉しげに照れたような声で喋るアペイリアですね。ダントツにここがやばいです。心の一枚絵に刻み込んでおきましょう。

 プレイしていてどうにも我慢できなくなったので、中途半端ですがここまで書いておきます。いやー、まだオープニングまでも進んでいないのですが、それでもこの作者が信用に足るであろうことは疑いようがないですね。これは面白すぎます。進めるの楽しみだー。

にっき

 今日は朝から家の掃除をしていました。最近、仕事はドタバタしてるわ、頭痛はするわ、エロゲには夢中になるわで、ここ2週間くらい掃除がおろそかになっていたので、わりと気合を入れてやりました。はじめる前はめんどくささが勝っているのですが、いざやりだすと、ここも、あそこも、と凝っていくのはいつものことで。軽い気持ちだったのに気がついたら大掃除になっていました。まあ、生活空間がだいぶきれいになったので、満足満足。

 昼からは、ラノベを読んだり、だらだらと。あー、そろそろ問題児シリーズの続編(ラストエンブリオだったかな?)を買おうかなぁ、でも近くの本屋には確か置いてなかったよな、あんまり車走らせる気分じゃないなぁ、とか考えながら、結局ゴロゴロしてました。この作者、文章力的にはそれほどではないと思うんですけど、ラノベ向きの面白い設定を考える技術に関しては天才的だと思うんですよね。歴史上の出来事や伝承になぞらえたゲームを開催し、ゲームの内容が記されたスクロールから勝利条件を推理して、ホスト側と戦う……なんと心躍る設定でしょうか。一つ、突出して光るものがあるならば、他の部分が多少おいついていなくても、こんなにも魅力的になるっていうのは、すごい。

 6月発売予定のエロゲをチェックするも、興味をひかれるような作品は無し。まいてつlast runは、製作中とのことだけれど公式HPもまだ作られていないということは、発売日はかなり先ということになるのかな。待ち遠しいです。

 続けて、ネットでエロゲのOPなどを見る。俺の悪癖のひとつに、『OPだけで内容をイメージし、エロゲを購入する』というのがありまして。これがバッチリ成功することもあれば、まったく自分とは合わないゲームを引き当てることもある。当たり前なんですけどね。でも、エロゲのOPって、タイアップでもなく、まさにそのゲームのためだけに作られてるわけじゃないですか。だから、OPを見ればだいたいどういうコンセプトに創られた作品か、漠然と理解できると思うんですよ。たまに、そういう先入観を利用して落差で驚かせるっていう手法をとっているゲームもありますが、それは例外として。
 まあ今回はあまり収穫はなく、星メモEHのOPとかリピートしてました。ほんと、あの後日談感というか、幸せな日常をイメージさせる映像、曲、大好きなんですよ。とくにサビの始まりの部分。本編のそれとはまるで対照的に、「ファンディスクのOPは、やっぱりこうでなきゃ!」っていう要素がすべて詰まっていると思います。いいなぁ。
 とはいえ、次やるゲームの収穫がなかったのは痛い……。いや、大量の積みゲーを崩すのが、一番よいというのはわかっているのです。漁ってみたところ、「いろとりどりのセカイ」が一番適してるかなぁ。でも、ちょっと読んでみて合わなそうだったんですよね。あと、なぜか「SNOW」のプラスエディションが置いてあった……いずれは避けられないだろうけど今じゃない。あー、ワールドエレクションが終わってしまって、ぽっかり空いてしまった穴をどうしたもんでしょうか。