はじめのはじめ

二次元傾倒な日々。

『お兄ちゃんはおしまい!』の感想とか。

 『お兄ちゃんはおしまい!』の3巻が出ていることに気づいておらず、本屋でたまたま見かけてびっくり。すかさず購入して1巻からまとめて再読してました。あ〜、幸せだ。

 読んだことのない方にざっくりと概要を説明しますと、まひろっていうお兄ちゃんに、みはりっていう妹がいるわけです。二人の両親は海外に住んでいるらしく、兄妹はしばらく二人だけで暮らしていました。みはりはいわゆる天才というやつみたいで、中学卒業後に飛び級で大学に進学しちゃうような子。そんな妹を持った兄のまひろは、ご多分にもれず、周囲のプレッシャーに耐えられなくなり引きこもってしまい、エロゲ三昧の生活。みはりはそんな兄を更正させるために、食事に一服盛るわけです。開発中の新薬、女の子になってしまう薬を。物語は、お兄ちゃんが『妹の妹』になってしまうところから始まるわけですね。うん、新しい!

 まあとにかく、ニートなお兄ちゃんを更正させようと頑張ってるみはりが可愛いし、なにより女の子になっておもらし癖がついちゃったお兄ちゃんが可愛すぎるし、もう読んでて「んへへ〜」とか言って転がること必至な漫画というわけです。よくわからない人は読んでみましょう、気がついたら奇声をあげながら転がっているはずです。

 以下、俺の目から見たこの兄妹のことをつらつらと。

 まひろが引きこもったのは、物語冒頭から二年前。おそらく、みはりの飛び級進学が確定したあたりだと思います。両親がいつから家を空けていたのかはわかりませんが、少なくとも二人暮らしが始まってからの家事は、すべてみはりがやっていた。ご飯は一緒に食べていましたが、兄妹間の会話は少なかったみたいですね。1巻の中で何回か、みはりがまひろの部屋に入るんですけど、決まってすぐ追い出されるんですよ。「立入禁止!」って。これ、きっと昔はそうじゃなかったんだろうなぁ。みはりが満点のテストを持ってきて誉めてもらったり、学校で作ってきたクッキーを持ってきて一緒に食べたりしたのは、きっとまひろの部屋だったんじゃないかと思います。そんな思い出が詰まった部屋が、いつからか、まひろが引きこもる空間になってしまった。……まあ、まひろからしてみればエロゲやらエロ本やらが大量にある空間に妹を置きたくなかったのかもしれないけれど。

 みはりはただ、お兄ちゃんに誉めてもらいたくて頑張ってきただけで。けれど、みはりが特別になっていくにつれて、まひろは周囲の視線を感じるようになってしまう。できる妹と、その兄という立場。……それでも、まひろはみはりに八つ当たりはしなかったのだと思います。それは、物語冒頭、自然に会話をしている二人の様子からも読みとれます。けれど、昔のような距離感で妹を褒めることは、できなくなってしまったのでしょう。

 そう、まひろって、見ず知らずの誰かから『期待』されることを恐れているんですよね。変に期待されないほうが、安心できる。2巻で、初めてあさひとみよに会ったとき、「ぐうたらでポンコツで人見知り」と言われて逆に安心したように、3巻でテストの結果が悪かった時のように。もともと人見知りのきらいはあったのでしょうが、さらに『天才の妹の兄』という立場から無遠慮な期待を背負うようになってしまい、ついには引きこもってしまった。誰が悪いというわけでもない。ただ、みはりの頑張りは、一番褒めて欲しかった人には届かなかった。それは解決していないから、きっと今でも、みはりの深部にまだ眠っているはずです。そういう感情に気づかず、または勘違いして「お兄ちゃんを更正させなきゃ!」という思いに変換したところが、この物語の見えないスタートラインなのだと思います。お兄ちゃんに、「よくやった」、「えらいぞ」と褒めてもらいたい。そんな未来を目指して。

 余談ですが、物語中でみはりが泣いたのって、まずはまひろが倒れた(注:生理による)とき。続いて、風邪をひいてまひろに看病してもらったとき。そして、まひろが早起きして出かけたとき。なかでも一番印象的なのは、看病のシーンです。みはりは、やっぱり不安だったんですよ。お兄ちゃんと昔みたいに話せなくなったのは、お兄ちゃんにとって自分はもう大切じゃないからだろうか、って。自分は邪魔になってしまったのかな、って。……だから、風邪をひいたみはりのために、普段家事をまったくしていなかったまひろがお粥をつくってきたとき、みはりが泣いちゃうのはすごく自然に映りました。子供みたいに「うぇぇぇぇ~ん……」って泣いてるみはりを見て、ああ、やっぱりそうだよなぁと納得できた。実は、3巻でまひろに頭を撫でられたときも、泣いちゃうかなと思ったんです。けれど、やっぱりあのタイミングでは違うよな。泣いちゃうとしたら、お兄ちゃんに戻ったまひろに撫でられたときで。そしてそれは、きっとこの漫画が終わるとき、なのだと思いました。

 なんやかんや書きましたが、この漫画、寝転がりながら何度も読んでたらいつの間にか休日が終わっているくらい面白い漫画なので、とてもおすすめです。

『青春のアフター』の話。

 青春の思い出は、その後積み重ねてきた現実の日々に勝てないのか。数日前に『青春のアフター』を読んでからというもの、そんなことをぐるぐると考えていた。
 青春の思い出を、そのままの強度を保ったまま抱え続ける。そんな狂気じみた人間を描いた作品は、本作以外では『恋×シンアイ彼女』が真っ先に浮かんだ。そう、このテーマは俺のなかで新島氏が既にどでかい壁をつくってしまっていた。そう言えるくらいには、俺はあの作品を認めている。突然いなくなってしまった好きな人のことをただ思い続けるだけの日々に、はたして意味はあったのか。そこに対する答えが正反対というだけで、この2作は非常によく似ている。ファーストインプレッションが、「この作品、どうやって消化すりゃいいんだよ……腹の中にずっと残ったままで、他のものがなんも入んねえよ……」なんていうところもそっくりだ。
 『青春のアフター』のまことにしろ、『恋×シンアイ彼女』の洸太郎にしろ、青春の終わりを得ないまま長い年月を過ごした。青春が終わらなくても世界は回る。地に足がついている以上、時間の流れにのっている以上、いやがおうにも。その過程で記憶は薄れていくものだ。……けれど、世界の歩みと反対方向に走ろうとすることはできる。時間の流れに流されまいと水草にしがみつくことはできる。本作の重要人物である倉橋は、そういう姿に憧れを感じたのだ。そして、青春の思い出を抱え続ける日々が報われるにしても、そうでなかったとしても、それでも残るものはある。本作はそれを、『祈り』ではなく『呪い』として描写している。それはもう徹底的に、そうまでして青春を否定する必要があるのかと思うくらいに。
 そう、本作は青春の残滓──いなくなってしまった好きな人を思い続ける日々──を、意味のあるものとして昇華させてなどいない。徹底して、おぞましい怪物として描写している。『恋×シンアイ彼女』がグロリアスデイズと名付けて昇華したものを信仰する倉橋に、さくらが「皆が苦しんだのはぜんぶあんたのせい」と言うことで、いもしない人を想い続けて時間を無駄にすることを否定している。そんな日々が、光輝いているわけがない、と。そして、青春という名の怪物は、その後の人生で積み重ねた吹けば飛ぶような紙切れの思い出が集まってできたロボットの拳を受けて霧散するのだ(4巻参照)。
 かくして青春は敗北する。「怪物とロボットが面倒なものを全部こわして二人っきりになると開かれる」ような隠しルートとして描かれた、まこととさくらが本来過ごすはずだった奇跡のような青春の日々ですら、みい子と積み重ねた記憶の前に崩れ去った。隠しルートなんていうのは所詮一種のバグみたいなもので、ズルして最高のハッピーエンドを覗く方法でしかない、と。地道にこつこつと積み上げることがハッピーエンドへつながる唯一の道なんだ、と。ああ、なんて正しいんだろう。なんて素敵なんだろう…………ふざけるな。
 自分で書いていて、なんだか胸糞悪くなってきた。どうしたことだろう。俺は本来、正しい方を向いている展開が好きなはずなのに。あのおぞましい青春という名の怪獣を、『それでも意味はあった』なんて言葉で昇華させたり、別れの言葉を告げて光の射すほうへと進んでいくような作品が好きなのに。けれど何故か、こんな『正しさ』を否定したくなっている。おぞましいなにかを、おぞましいままで美しく感じるような狂気に身を任せたくなっている。……わかっている。こんなのは所詮ただの『ふり』で、向こう側に立っている人間からすれば憤慨ものだろうし、そうすべきものだ。それは寂しいけれど仕方のないことで。此方と彼方を結ぶ橋は、自由に行き来できてはいけないのだ。何があっても、それだけは許されない。……ああ。だけど本作は。それでも、橋の此方から彼方のことを想わせる。どうしてだろうか。考えたとき、本作が世間一般のそれと同じく『正しさ』が勝つけれど、それをどこか否定したいような香りを出すことで、『正しさ』への反逆を試みているように感じるからかもしれない。
 正しさという大きな圧力に対する、微々たる抵抗。それは、駄々っ子の拳のような力弱いものだけれど。それでも俺の心を搔き乱してやまない。

雑記。

 『薬屋のひとりごと』2巻読了。

 これ、読んだ人にしか伝わらないけれど「牛黄をください」のシーンで、笑いながら泣いてしまった。この感情は、いったいなんだろう。“面白い”のはもちろんそうなのだけれど、“満たされる”とは違うし、“美しい”は近いと思うのだけれど、少し違う。しんみりとしたお話を、しんみりと終わらせない。構成を言葉にするなら、それだけのことなのに。

 お話というのは結ばれるもので、また、結ばれなければ成立しない。けれど、どこで結ぶかはそれを語る人が決めることができる。この巻のエピソードも、『猫猫が後宮の外壁の上で、遠くにひかる花街の明かりへ向けて見送りの舞を踊る』という、寂しくも美しいシーンで締めくくることもできる。けれど本作では、文章はそこからさらに続いていき、猫猫のとぼけた台詞──本人はいたって大真面目なのだろうが──と、それに振り回される壬氏とのやり取りまでを物語の衣で包み、ふわり、と優しく結ばれる。

 どちらが優れている、というつもりはないし、優劣をつけることに意味はないだろう。けれども俺は……いろいろな人がすれ違い、傷ついて、後悔しながら、それでも進んだこの物語が、猫猫がただ独り舞う場面でなく、未だに頓珍漢なやりとりをする猫猫と壬氏の掛け合いで結ばれたことが嬉しくて、だからこそ笑ってしまったし、泣いてしまったんだと思う。

はしりがき。

最近、妹好き界隈で話題になっているという、妹せいかつモノクロームなんちゃらをプレイしてる。とりあえず100日越えたあたりまで。これはやばいゲームだ。人によっては劇薬になりかねない。突然始まった妹との同棲生活、代わり映えのしない毎日の中で徐々に変化していく態度、緩やかに続いていく日常。それは極小化された世界だ。極端な事を言えば、このゲームに無限のリソースがあり、無限の行動、反応が備わっていれば、それはもう現実と言ってもいいだろう。俺達(という言葉をあえて使おう)が求めていた、妹と過ごす生活。手に入れることができなかったからこそ渇望し続けたそれが、収縮されて形を成した、それがこのゲームだ。
このゲームの設定上、同棲何日目まで続くのかはわからない。100日が経過した時点であるエンディングは流れたが、その後も生活を続けることができている。終わらない日常。エロゲの共通ルートが好きだ、という人がいる。俺もその一人だ。求めているのは劇的なドラマではなく、女の子がいる日常なのだと。日常が輝くためには多少のスパイスが必要であり、その点で、共通ルートでは比較的軽微な課題が設定され、主人公達は協力してそれを解決する。その過程で親密になったり、相手の意外な一面が見えたりもする。けれどそれは、あくまで日常に戻れる範囲のものだ。特定の誰かに傾倒するわけではなく、あくまで仲のいい集団としての立ち位置は崩れない。このゲームでも、妹といろいろな行為をするわけだが、それでも『彼女』とか『恋人』というワードは兄妹の会話に出てこない。……書いていて最低じゃないか? という疑問が頭をよぎったが、まあ置いておこう。責任をとる、とか、ずっと一緒に、とかいうワードはあったから、セーフのはず……だ。とにかく、『兄妹』という関係が崩れずに日常は続いていく。このゲームに明確なゴールが設定されているのかはわからない。けれど、ここまで『兄妹の日常』にフォーカスしてくれているとは。嬉しいという反面、くやしいという気持ちが湧いてくる。ずるい、どうしてこんなゲームを創ることができるんだ。同人の強みというのはあるのだろうが(この作風で商業作品として出され、それが話題になる社会は、冷静に考えて終わっているだろう)、ここまで突き刺さってくると、夜中にこんないかれた文章を書くハメになる。
あと、ひとつ思ったのが、やっぱりこういう日常は、『なろう』と非常に親和性が高いということだ。一日単位の、劇的な変化はないけれど多少のスパイスが効いた日常が、終わりなく続いていく。それが、あの小説投稿サイトで常態化している、毎日のようにショートエピソードを連ねていく形に、よくマッチしている。
……だれか、オススメの兄妹がなかよく過ごすだけの面白い連載ありませんかね。

ココロネ=ペンデュラムはじめました。

 るーしーさんと店長さんが面白いと言ってたので、勢いでポチった『ココロネ=ペンデュラム!』がようやく届きました。やっぱりすぐに買っちゃいましたよ! クロシェットさん家のゲームをプレイするのは、スズノネセブン(すみれルートのみプレイしたはず)以来ですね。俺は耐えられるのだろうか、巨乳しかいない、この世界のヒロインに……という不安が拭えなかったのですが、俺より巨乳を認めていないだろう人が「乳圧は精神力で耐えるしかない」とか言ってたら、もう飛び込むしかないですよ。
 というわけで共通ルートを進めております。オープニングを過ぎて、学園七不思議の調査をしているところあたりまで。巨乳で眼鏡の先生が出てきた瞬間は、勢いでゲーム終了ボタンまでマウスを動かしていましたが私は元気です。なんで全員巨乳なんだよ! この世界は、過去に少子化が社会問題となり、種の保存のため遺伝子操作が行われて女の子全員巨乳になって男の子も巨乳好きしかいなくなって少子化問題は解決されましたちなみにその過程で小さい胸が好きな人間は絶滅しましためでたしめでたし……そういうことなのでしょうか。ならば反旗を翻すのは今ぞ! 皆の者槍を持て! 我に続け! 敵は静かの海学園にあり!
 ……すいません。この会社のゲームはほとんど巨乳のヒロインしか出てきません。俺はそれを理解してプレイしております……。でも、ここまで徹底しなくてもいいじゃないですか……。
 ちなみに、今のところつむりちゃんがダントツに魅力的です。これは胸云々は関係なく。
「(べつにアドバイスしてないから……べー!)」
 ハンドボール実技のシーンにて。これまでグータラしている描写しか無かったつむりが、以外にも負けず嫌いな性格だと明らかになる場面です。ここのつむりの台詞って、シローが心を読めるということ前提で、“それならば”心の中で会話すればいい、という自然な思考からきているものですよね。心が読めることはシローの能力で、なんら疑問の余地もない当たり前のことなのだと。それは、それこそが純粋な肯定で。いや、つむりにとっては、読心という能力のデータを集める実験的な意味合いがあったのかもしれないし、もしくは心を読んでくれるならわざわざ口を動かすのめんどくさいなー、くらいの感覚だったのかもしれませんが。それでも「(ばいばい、しろー……)」まで続く、ここのやりとりは、何だかとても美しいものを見ているような気持ちで読んでいました。彼女らが去った後の「遊ばれた」というシローの台詞も、仲のいい友達と馬鹿話をした後のように、すがすがしい響きを含んでいると思いました。
 というような具合で、楽しく進めております。菜砂の登場頻度が少ないのですが、これ、焦点当たったら一気に奔流に押し流されるの目に見えてるんですよね……。お兄ちゃんが眠ったままだった二年間の菜砂とか、目覚めたのに全然連絡くれなかったことに拗ねてる菜砂とか、この爆弾が爆発した時、絶対にやられる……。俺、自信ありますよ。烈海王みたいに「裏返った!!!!!!」って言いますよ。「お兄ちゃん大好き菜砂、復活!!!!!」って。パソコンの前で。ひとりで。

近況。

 どうもこんばんは。全国のエロゲプレイヤーの皆様は、月末の金曜日という今日、嬉々として発売直後の新作を楽しまれていることでしょう。事前評判を見る限り「ぬきたし2」「ココロネ」「恋借り」あたりが人気だったように思います。俺もそのうちのどれかを買おうかと思っていたのですが、最近お金を使いすぎなのでひとまず様子見することにしました。まあ、誰かが楽しそうにプレイしているのを見たりして、すぐにポチっと注文してしまうのは目に見えていますが……。某死んでもロケットを打ち上げるゲームもまだクリアしていないのに、新しいゲームを買うわけには……。

 

〇夏ですねー
 今日から。まさに今日から夏になった気がします。仕事に向かうために家のドアを開けたとたん、わっ、とセミの声が大きく耳を打ち、降りそそぐ白い日差しは肌をジリジリと焼き、遠くの空には入道雲が浮かんでいました。どうしようもなく、消え去りたくなりました。けれど、外に出るだけでこんな気分を抱えていたら仕事なんてまともにできるわけがなく。お給料を貰っている以上はそれ相応の働きをせにゃならんので、感傷を振り払って駅までの道を歩きます。これで正解なのだろうか、という疑問には目をつぶって。あちー、とか独りごちながら。もうだめだ。

 

〇あいミスのこと
 交換券でラディスの限定聖装を確保。このゲーム、聖装の所持数がそのままステータスに直結するのでお気に入りのキャラのものは出来る限り集めるべき……という至極あたりまえのことに最近気づきました。しかしラディスは本当にいい子(聖装ストーリーが完全に子供を宥める時のそれで笑った。ソフィお母さん!)ですねー。自分の中で善悪の線引きをしっかり持っていて、そこを越えて自分の主張を通すことはしない。不思議と芯が通っているんですよね。そういう人間はえてして、他人に対しても正しい意味で優しく、そして厳しくすることができるのだと思います。うへへ、ラディス好きだー。
 復刻イベントは聖装関係、聖片、チケットを確保したので、後はまったりと。宝石とSSR強化アイテムを交換できるくらいのペースで消化します。

 

〇天使様のこと
 続巻の発売まで我慢できずに、とうとう、なろう原作に手をつけてしまいました。幸せです。きっと、この物語を読んでいるときの俺は最高に気持ち悪い笑顔をしていると思います。

近況報告です。

 仕事が立て込んでいたことと、てんちょさんがブログを畳んだことによる寂しさで、ここ最近はブログを更新する意欲がありませんでした。まったくあの方は、定期的にブログ消すんだから! まあ、きっと、いつものように戻ってきてくれるでしょう。
 
〇エロゲのこと。
 景の海のアペイリアをクリアしてしまったので、プレイするゲームを探していたところ、DMMのダウンロード販売にて『あの晴れわたる空より高く』が半額──7月12日まで、現在は通常の値段です──になっているのを発見。アペイリアと同じライターならまず間違いないだろうという信頼もあったので購入いたしました。今は黎明さんのルートに入ったところくらいまで進めたのですが、やはり間違いなかったです。面白い! 
 エロゲって、その性質上、別に“読者を飽きさせないために物語を前へ前へと展開”しなくてもいいわけです。極端な話、可愛い妹が出てきて「……おにーちゃん、ばかなの?」とか「ほんっと、おにーちゃんはわたしがいないと何にもできないんだから」とか、べたべた世話焼かれる展開がひたすら続いたとしても、それはそれで成り立つし、かなり興味をひかれるじゃないですか。そして俺も、どちらかというと、あまりメリハリのあるエロゲをプレイしてこなかった経緯がありまして。そういった、キャラクターの力で惹き込みにくるタイプのお話に頭が馴染んでいるのです。しかし、アペイリアの時にも書いたのですが、この作者はグイグイと物語の展開をつかって読者を惹き込みにくるタイプのようで、読んでいて『あれ? これエロゲだったよな?』みたいな新鮮な気持ちになってます。……これはもちろん、『本作のキャラに魅力がない』と言っているわけではなく。なんなら黎明夏帆という女の子には、正直、恋をしているくらいの感情を持っています。普段あんまり感情を表に出さない彼女が、とある場面で、すごく自然な笑顔を見せるのですが、その瞬間に俺と乙矢──本作の主人公です──は、いっしょに見惚れてしまっていました。いやー、オープニング映像を見た時から夏帆の笑顔には惹かれていたのですが、やっぱり本編で見ると段違いですね。見ている側を幸せにする笑顔は、なによりも強いものです。
 
ラノベのこと。
 『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』、ようやく読みました。やられた……。これは上述したエロゲに話とはまったく逆で、「商業ラノベでこんなに起伏の少ない物語出してもいいの!?」ってくらい、緩やかな進行を見せるお話でした。『家は隣同士だけど特に話したこともない同級生』から徐々に変わっていく関係性というものを、懇切丁寧に描写されていました。まあ、それがこの作品の最大のコンセプトなのですが、それを中高生男子をターゲットとしたラノベで出版するという心意気がすごい。2巻以降もこのスピードで物語を展開させて、周と真昼の距離をつめていくのであれば、ラノベ業界の新たな風になるような気がします。
 
〇ゲームのこと。
 オーガストがDMMと連携して提供している『あいりすミスティリア!』というゲームをはじめてみました。ラディス好きー。夜にログインするとホーム画面で心配してくれるのが、仕事に疲れた体に染みるのです……。